テーブルトークRPG、セプターに激推しです

どもですどもです、なるさわ(ゼファー)です。ルールブックについてくるサンプルシナリオでプレイしてみましたよ、ソードワールド2.5を。それがたいそう楽しかったので、みんなにテーブルトークRPG(以下TRPG)をおススメしたいです。ここを見ている人にはセプター(カルドセプトのプレイヤー)が多いと思うのですが、セプター界隈でTRPGをやると楽しいのではないでしょうか??

とっても時間がかかるASOBI

私たちはテキストセッションという形をとりました。TRPGは、みんなで集まって遊ぶのが普通です。ですが、現在のコロナ禍という状況を鑑みて、オンラインで遊ぶことを前提として考えていました。さらにボイスチャットだと、演技がとっても恥ずかしいという理由により、テキストですべて進める形式を選択。ゲームマスターは時により女の子(中の人はおじさんです)を演じなければいけないこともあるので、演技が恥ずいというのはけっこう大事です。声だけだと余計に恥ずかしいです。結果的にこの選択で良かったと思います。参加してくれたみんなが、イイ感じの物語への入り込み方を見せてくれました。

いいこと尽くめに見えるテキストセッションですが、難点は「時間がかかる」ことです。これはいかんともしがたいです。ゲームマスターもプレイヤーも初心者ということもありますが、ルールブックの確認に右往左往したり、相手の返信待ちで止まったり、もんのすごく時間がかかります。報酬分配の話だけで1時間とかかかるとは思わなんだ。1回の冒険に5~6時間とか余裕でかかります。たいへん。もうたいへん。でも楽しい。この辺りの感覚が、カルドセプトと似てるように感じます。濃密な時間が長く続く感じ。

とってもルールが複雑なASOBI

ソード・ワールド2.5は国産で一番有名なTRPGです(だと思います。違ったらすまぬ)。シンプルなルールで遊びやすい……というイメージでいたのですが、2.5と名の付く通り、初代から進化を遂げています。そこそこ戦闘ルールも複雑になりました。初代はある程度ルールも知っているし、リプレイ本も読んだことがあったので、プレイするまでわりと油断していました。やってみると、ゲームマスターとしてやることがかなり多かったです。たいへん。なかなかたいへん。でも楽しい。ルールは難しいけど、慣れるとめっちゃ楽しいです。この辺りも、カルドセプトに通じるところがあるのではないでしょうか?

イメージが膨らむASOBI

TRPGでは、プレイヤーは頭の中で状況を想像して遊びます。もうそろそろ言いたいことが分かってきたと思います。そうです。カルドセプトに通じるものがあるんですよ!! ゲーム的にはボードゲーム&カードゲームであるカルドセプトですが、イメージとしては重厚なファンタジーの世界がみなさんの頭の中にあるはずです。ね?? ね!! 通じるでしょでしょ。そうなんです。セプターは、TRPGをいちどはやっておくべきなのです。どうですか??

まとめ

というわけで、セプター界隈でTRPGの流れが来ると楽しいなと思った次第です。私は正統派ファンタジーで遊びやすいソード・ワールドをまず選択しましたが、実は他にも遊んでみたいものがあります。ウォーハンマーファンタジーRPG(できれば旧版の社会思想社のやつ)、ダンジョンズ&ドラゴンズ(こっちはまだルールブックは持ってませんが、動画は観たことがあります)、クトゥルフ神話TRPG(こちらは現在日本では一番流行しているTRPGみたいです。私はルールをまだ知りませんが、興味は津々)などなど。遊べたらいいなァ。どうっスかね??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA