ソード・ワールド2.5 シナリオ:青の洞窟

どもです。なるさわ(ゼファー)です。ついにテーブルトークRPGでオリジナルのショートシナリオをつくりました。せっかくなのでアップしてみなさんにも見てもらおうと思います。使ってくれちゃっても一向に構いません。むしろぜひ。ぜひぜひのぜひ。

ソード・ワールド2.5 シナリオ:青の洞窟

PDF形式になっております。

実際にプレイしてみての感想

プレイヤーたちは3人パーティーでした。冒険者レベルは3,2,3でした。

  • ジャイアント・リザードが弱いです。数を揃えればそこそこと思いましたが、そもそも攻撃が当たらないですな。やっぱり力押しのみではダメっぽいです。他と組み合わせる必要あり。
  • サイビーの根を取る判定が厳し過ぎたかもしれません。パーティーのスカウト持ちキャラの能力値を参照して、2d6で7以上が出たら採取成功くらいの目標値がいいかなと思いました。ボスのヘルハウンドを倒したあとにランダムエンカウントを発生させるのも無粋な気がしており、ボスがいなくなってからの部屋Eでのサイビー採取は自動成功でいいかもしれません。
  • ライザの行動決めが意外に難しかったです。友好的ではあるのですが、基本的に洞窟内ですので警戒心が強くなっていると解釈しておりまして。「獣変貌」したリカントを含むキャラクター3名を見て、逃走するという選択になりました。「シシア」はやらずじまいとなりました。どうだったんでしょうね。ライザと一緒にもう一人ぐらいNPCを置いておけば違ったかもです。1対3はさすがに戦ったら不利なので、逃げたくなります。2対3ならけっこう状況が違いますね。その後、プレイヤーたちがおっかなびっくりになってしまいました。ちょっと反省。
  • ヘルハウンド(剣のかけら×3)は、終わってみればちょうどいい感じでした。神聖魔法レベル3の「フィールド・レジスト」があるかどうかでかなり難易度が違います。あれば「炎の吐息」を軽減できるので、相当楽に戦えるぽいです。最初ヘルハウンドにおまけで何かモンスターを足そうと思ってましたが、単独で出して正解でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA