シャンデラ いたみのらせんデッキ

こんにちは、なるさわ(ゼファー)です。今日はこの前使ってみたポケモンカードゲームのデッキを紹介しようと思います。とは言っても、現行のスタンダードルールではありません。かと言ってエクストラデッキでもなく(今回のはエクストラの条件を満たしてはいますが)。少々説明が必要ですね。

私たちの仲間内環境

最初にポケモンカードにハマったのが私です。2019年3月に発売したファミリーポケモンカードゲームからポケモンカードゲームをはじめ、その頃はスタンダードルールを追いかけていました。1年以上続いたと思います。がしかし、資金的な面でちょいと辛くなりました。ちょうどポケモンカードがソード&シールドに移行したあたりで、いったん最新のスタンダードルールを追うのをあきらめました。

そこで残ったカードがまあもったいないと思いまして。これを身近な仲間4名でランダムに分配して、その中でデッキをつくって遊ぼうと思った次第です。なので、スタンダードでもエクストラでもない、そこにあるカードでやりくりするという仲間内環境になっているわけです。基本的にはエクストラっぽいですが、禁止カードも特にありません。リセットスタンプとか使ってもらっても構いません。カードを新たに入れるときには、メルカリとかで何十枚か買ったカードを4名でランダムに分配する形をとっており、誰かがお金をかけてデッキを強化するということはありません。そんな環境です。

いたみのらせんデッキの紹介

デッキコード:FvVdV5-XQk0L0-FVkdFFのデッキの詳細を見る

ガラルジグザグマかんしゃくヘッドガラルタチフサグマあらくれシャウトコロトックきままなえんそう(手札6枚)、ミミッキュいたずらなてあたりで相手のベンチポケモンにダメカンを乗せて、シャンデラいたみのらせんで大ダメージを狙うデッキです。オーロラエネルギーレインボーエネルギーを両方入れられますので複数タイプのデッキが作りやすくなっています。コロトックの使い方が勝敗を分けるのではないかと思います。あとは、適当にダメージを与えたポケモンはあなぬけのヒモでベンチに帰ってもらいます。それによって、シャンデラの打点を維持したいです。

使ってみての反省点など

スタジアム、ライフフォレストに屈したかたちで負けてしまいました。序盤は狙い通り進み、調子が良かったのですが、ライフフォレストが入ってからはダメカンを積んでも積んでも回復されてしまうので、最後は投了という形になってしまいました。対策としては、ちゃんとスタジアムを4枚入れろということになりましょうか。回復を封じるカードを入れるのもいいかもしれませんが、持ってましたかね……。

あと、手札を7枚以上にするカードがほとんどないのが気になりました。シロナで手札を6枚にしたところで、コロトックのベンチ攻撃を実現するには、これ以上カードが使えないことになります。条件付きだったり少し弱かったりしても良いので、手札を単純に増やすカードが入っていた方が良かったようです。まぁそれにつけても手札管理の難しいデッキです。コロトック、面白いのですが、難度高いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA