COVID-19 の世界での感染状況を見てみる の巻(マジメ)

マジメな話だぞー!! 読みたくない人はスルーしてくれー!! どうしても読みたい人だけ読んでくれーい!!

と。注意喚起終わり。では始めます。どもです。なるさわ(ゼファー)です。オリンピック本当にやれんのかなーと思いつつ、世界のCOVID-19(新型コロナウィルス)の感染状況を見てました。簡単にいうと、日本人の視点からすると「本当にオリンピックやれるの?? 大丈夫なの??」ですが、世界(とりわけ欧米の人)の視点からすると「余裕余裕。観客入れないの??」って感じに見えてそうだと思いました。

試しにイギリスと日本を比べてみます。イギリスの総人口が日本の総人口の半分くらい。そして感染者数(延べではなくて最近の)を比べると、イギリスが毎日20000人くらい、日本は毎日2000人くらいと、10倍の違いがあります。ということは、全体の比率でみると、イギリスの感染率は日本の感染率の20倍くらい、という概算になります。すんごくおおざっぱですが、大体わかればいいのでこれで良いでしょう。で、イギリスはマスクの着用義務や集会の人数制限などの規制を撤廃する方針です。つまりはイギリスの20分の1ほどの感染率である日本をイギリスの立場からみたら、マスクなんて要らんやん、オリンピック余裕やん、となるでしょう。いちおう断っておきますが、私はもう日本にマスクは不要だと言っているわけではありません。外から見たらそう見えるだろう、と推論しているだけです。私個人の意見は、イギリスもうちょっと我慢しとけ、マスク必要だろ!!、です。オリンピックについてははっきり分かりませんが、無観客くらいが落としどころなのかなぁ、くらいです。もう一度いいますが、はっきりとした意見はありません。ありません。専門家がちゃんと考えてくれると思います。一般人は自衛するのみ。

ちなみにアメリカと比べると、それなりに拮抗した感染率になりますかね。でもなんか、アメリカは感染者数があまり一定でない(理由はよく分かりません)ので、とりあえず今のところ、私はよく分からん、としておきます。みなさんもグラフを眺めて、他の国と日本を比べてみるといろいろ興味深いかもしれません。以上。このブログに結論というものはありません。おわおわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA